十界及び十界互具
十如是
三世間

ここは、これらが基本になって一念に三千種の生命の諸活動が、現れるのです。

1) 十界とは、十法界とも言います。衆生に具わる境涯を十種に分けて示した用語です。

1、 地獄界:瞋りと苦悩の絶えない境涯。
2、 餓鬼界:限りなく起こる貪欲が満たされることの無い境涯。
3、 畜生界:愚かにして本能的欲望に縛られた境涯。
4、 修羅界:常に闘争を好み驕り高ぶる境涯。
5、 人間界:平静に物事を判断している境涯。
6、 天上界:永続性のない、快楽の境涯。
7、 声聞界:仏により四諦の教えを聞き小乗の悟りをえる境涯。(自然界にいそしんだり、詩や歌や文学などに境涯を高める行為)
8、 縁覚界:仏無きときに十二因縁の理を観じ、また生死・季節の変化などから、小乗を悟る境涯。独覚とも言い仏の進言を聞かない状態。

*声聞・縁覚を二乗と言い、自分よがりで他を利する行為をしないでも平然としている。現在ではインテリとも呼ばれ、学歴や地位に安穏としている境涯。

9、 菩薩界:自行の功徳を利他に廻らし広く衆生を救おうと誓願を立てる境涯。
10、仏界:完全な智慧を持って一切諸法の真実の相に通脱し、尊極無上大慈悲を示す境涯。

@1、呼び方として、地獄・餓鬼・畜生を 三悪道と呼びそれに修羅界を加えると四悪趣という。 さらに人間界・天上界を加えて六道という。
@2、また声聞・縁覚を合わせて二乗といい、菩薩界を加えて三乗といい、三乗に仏界を合わせて四聖(ししょう)という。

5D_2a


2) 十界互具:十界のそれぞれの衆生に十界の生命が働くことを言う。
例えば、地獄の鬼の様な親でも子供を守り育てる時は、菩薩の命が出るようなことです。これは地獄界の中の菩薩界なのです。

@3、これで境涯の部材は100界となり、このどれかが縁によって現れるのです。百法界という。


3) 十如是(じゅうにょぜ):宇宙法界の時時・物々、森羅万象の存在と活動の姿を顕わしたもの。

1、 如是相:外面に現れたあらゆる事物の相および行状。
2、 如是性:内に具わる性質。
3、 如是体:一切の事物の本体。
4、 如是力:体に具わる能力、種々の作用を起こす力。
5、 如是作:自他に及ぼす作用。
6、 如是因:次の果を招く直接原因。
7、 如是縁:果を導く間接原因。または助縁。
8、 如是果:因と縁が和合して生じた結果。
9、 如是報:結果を実感する報いのこと。
10、如是本末究竟等:如是相から如是報までが、連続して等しいこと。

@4、百法界に十如是を加えて千如是となる。


4) 三世間:世間とは差別の義である。

1、 五陰世間(ごおんせけん・ごうんせけん)色・受・想・行・識・の五つ。
:身体および物質。
:感受作用。
:心に浮かぶ表象作用。
:意思、あるいは欲求。
:認識作用のこと。

@5、五蘊世間は、同じものを見ても人それぞれの捉え方が違い千人千様万人万様である。(個人差)
@6、衆生世間:五蘊世間によって形成された衆生(正報)に十界の差別があること。
@7、国土世間:十界の衆生の住処(依報)にそれぞれに差別があること。
@8、千如是に三世間を掛けて三千世間となります。一瞬一瞬の心の働きにこの三千の生命が関わって命の動作をなすのです。このことを一念三千の生命と言い、理の一念三千とも言われます。
@9、仏様は、衆生を如何に早く仏国土に住まわせるか?(成仏の境涯にさせること)に仏の大慈悲があり、そのためには信を以って事の一念三千当体である本門戒檀の大御本尊様境地冥合することを教えられているのです。