十二支縁起などとも云う。衆生には本来、煩悩がある故に、誤った行為をなし、それによって苦の果報を招くという迷いの因果の連鎖を、十二の名目を挙げて説き表したもの。

  日蓮大聖人 御書(一念三千理事)より

① 無明=衆生が本来 具有(ぐゆう)する煩悩のこと。

② 行=煩悩により起こす過去世の行為のこと。

③ 識=過去世の行いの果報として、現世の母の胎内に託する五蘊(ごうん)のこと。
    五蘊=色・受・想・行・織、のこと。

④ 名色=母の胎内で発育し始める状態。

⑤ 六入=目・耳・鼻・舌・身・意、の六根が具わり出生すること。

⑥ 触=乳幼児期には苦楽の分別なく、物に触れて了知すること。

⑦ 受=少年期になり苦楽を分別すること。
 
⑧ 愛=青年期には異性や物事などに愛欲を感じること。

⑨ 取=成人して財産・地位取得の為に貪欲の念を起こすこと。

⑩ 有=愛欲・所有欲などにより未来世の果を生む業を為すこと。

⑪ 生=未来世に生を受けること。

⑫ 老死=未来世に受ける老・死 のこと。

 以上十二支のうち、無明・行を過去世の二因とし、
識・名色・六入・触・受 を現世の五果とし、
愛・取・有 を現世の三因とし
生・老死 を未来世の両果とする。・・・このような因縁の流れで生死を営むのだが、煩悩を離れる事は無い。愛・取・有、の時、佛に縁を結び、その行業により苦果を軽くすることが出来る。