我々の住む世界を、数学的観点から見れば、縦、横、高さ、また言い換えれば直線の延長、幅として広がる面、そして縦に広がる空間 これが三次元空間である。

 ただし、これだけでは住む世界を現しきってはいない、そこには変化する・・と言う時間と言う軸がある。全てが変転する過去・現在・未来へと流転し、この逆流は無いのである。この現象を加えて四次元の世界と称してきた。
 
 しかし四次元世界観だけで全体を括るのは無理がある、それは生命軸とも言うべき、エネルギーの元であり、魂とか精神とか、心の交流の空間である。

 これを、五次元の空間と称した。この五次元は四次元の全ての空間対し、覆い関わり、微塵の物質もこれらの外(そと)には無いのである。