十二支縁起などとも云う。衆生には本来、煩悩がある故に、誤った行為をなし、それによって苦の果報を招くという迷いの因果の連鎖を、十二の名目を挙げて説き表したもの。   日蓮大聖人 御書(一念三千理事)より ① 無明=衆生が本来 具有(ぐゆう)する煩 …

↑このページのトップヘ