2、生命の状態としての十界という差別世界(冥伏という死の原理)     一般的に死は忌み嫌われるものですが、生老病死の流れから云って、寿命を全うした死は一期(いちご)の生命の終わりですが、また次生への旅立ちでもあります。  ただ、因果の累積により、そ ... もっと読む

生命を軸とする五次元には誰人にも揺るがない法則がある。 それを列挙すると、 1)因果の法則(因果具時と因果異時)(業と言うパッケージ) 2)生命の状態としての十界という差別世界(冥伏という死の原理) 3)善と悪の基準、正と邪、慈悲と愛の違い、嘘と方便 ... もっと読む

 我々の住む世界を、数学的観点から見れば、縦、横、高さ、また言い換えれば直線の延長、幅として広がる面、そして縦に広がる空間 これが三次元空間である。  ただし、これだけでは住む世界を現しきってはいない、そこには変化する・・と言う時間と言う軸がある。全 ... もっと読む

↑このページのトップヘ